フッターマン OTL AMP の製作

フッターマン H-3 OTLアンプ の調整法

FUTTERMAN OTL-3 6LF6-4P mono OTL アンプの製作 OTL-3M(8)

 

シャーシの穴開け加工(1)

 

野暮用が重なってしばらく手が止まっていましたが、昨日から穴あけ加工開始

 

シャーシ加工は自作アンプの楽しみでもありますが、体力仕事なので傘寿を越えた私には少々キツイ仕事なのでのんびりゆっくり休み休みやってます。

 

穴あけ順序は小さい穴から大きい穴へ、電気ドリルを使って開けます。(以前は会社のボール盤を使っていたので楽であったが・・・)

 

①ポンチ打ち

②2.6mm下穴(3mmタップを立てる)

③3.5mm下孔

④ホルソー孔

⑤シャーシパンチ穴

⑥主な穴があいたところで、残った空気穴や3.5mm以外のドリル穴をあける

⑦タップ立て

⑧バリ取り

 

 

写真:①ポンチ打ち

f:id:arunas001:20210417080202j:plain

 

写真:②③下穴があいた

f:id:arunas001:20210417080431j:plain



 

写真:ホルソー穴と10mm穴があいた

ホルソー穴は下穴をあけた次に開ける方が間違えなくてよい。うっかり10mm穴をあけてしまうと後で大変。その後にシャーシパンチ用の10mm穴をあける

 

f:id:arunas001:20210417080536j:plain

 

コンパクトロンソケット穴は12ピンなので27mmのホルソー、メータ穴は38mmのホルソーで、トルク調整付きの低速電気ドリルを使って開けます。

FUTTERMAN OTL-3 6LF6-4P mono OTL アンプの製作 OTL-3M(7)

FUTTERMAN OTL-3 6LF6-4P mono OTL アンプの製作 OTL-3M(7)

 

今回から製作記事に入ります。

自宅籠城で作業がはかどりますが加齢とともに手が遅くなり目が見にくくなって作業効率が著しく落ちてますので、のんびりゆっくり進めています。

 

写真:部品配置の検討、これに決定

シャーシの大きさ:300×400×70 

写真では横型に見えますが、縦型で使用します(左が前)

f:id:arunas001:20210410073429j:plain

 

重量バランスが悪いかな?f:id:arunas001:20210410073517j:plain

 

真空管部分

左から 6EJ7 12BY7A  6LF6×4  6LU8×2 5651×2 

f:id:arunas001:20210410073556j:plain

 

写真:シャーシ加工図を描く

見にくくてすみません

f:id:arunas001:20210410073641j:plain

 

写真:出来上がった図面をカットします

LR対象にしました

f:id:arunas001:20210410073729j:plain

 

写真:L側の加工図

f:id:arunas001:20210410073800j:plain

次はシャーシに貼り付けて穴あけ加工をします、2台分は、かなりの力仕事になりますね。

FUTTERMAN OTL-3 6LF6-4P mono OTL アンプの製作 OTL-3M(5)

FUTTERMAN OTL-3 6LF6-4P mono OTL アンプの製作 OTL-3M(5)

 

③OTL-3(6LF6)

OTL-3 についてはこのブログ内に詳細報告がありますのでご覧ください。

ブログ記事編集 - はてなブログ (hatena.ne.jp)

 

f:id:arunas001:20210408065637j:plain

ここでは簡単に紹介します。

今回のOTL-3Mの製作に影響を与えたのは、このアンプのおかげである。鮮烈な印象と修理の記憶が残っている。自作することはないかもしれないと思っていたが、このたび最強の水平偏向出力管出力管「6LF6」を入手したので自作に踏み切った、

この本家OTL-3は京都の方がヤフオクに出品されていた、引き取りに伺ったところ旧知の方であったのは驚き、世間は狭いものである。

モノラル2台の超重量級アンプ、自宅へ運び込むのがやっと、三階の工房へもって上がれないので一階の居間で修復作業することになった。いろいろ苦戦したがこのあたりのことはブログをご覧いただきたい。

無事に修理完了しヤフオクにもどしたところ、業者らしい方が落札、引き取りが条件だったが雪のシーズンで雪国から来れないというので春まで待つことに。

暖かくなってようやく引き取り連絡があり、準備万端整えてお待ちしたが、来宅されたのが本人ではなく代理人ロシア青年。片言の日本語で引き取りに来たといってさっさと車に積んでお帰りになった。

今頃はロシアで活躍してるのかな~と大変気になっているが・・・・

 

写真:修理途中の本機、右側のケミコンブロックはすべて新品に交換したもの。 

f:id:arunas001:20210408070221j:plain

 

 ④H-2(12B4A)

このアンプも最近のヤフオクでゲットしたもの、モノラル4台。内2台を先行して再製した。

このブログ内に詳細報告しているのでそちらをご覧いただきたい。

 

 ブログ記事編集 - はてなブログ (hatena.ne.jp)

 

f:id:arunas001:20210408071603j:plain

 

このアンプは4台あるので、2台は自家用にしようと思っている。適したスピーカーは16Ωなので、ZORZOスピーカかAXIOM301に使う予定をしている。

FUTTERMAN OTL-3 6LF6-4P mono OTL アンプの製作 OTL-3M(6)

 

次回から製作過程に入りますが、その前にオリジナル「OTL-3」と自作「OTL-3M」の回路図と概略の説明をします。

  

「OTL-3(オリジナル)」の回路図は、修理したオリジナルに付属していた参考資料を基に、現物を見て作成したもので、正確さを欠くと思いますのでご注意ください。

「OTL-3M」は、私が自作用に作成したものです。

 

➀オリジナルフッターマン 「OTL-3」 回路図

(パネル面の円型メータの回路は不明なので省略)

 

f:id:arunas001:20210408232851j:plain

 

この回路は「H-3」から更にバージョンアップされたもので、回路の基本は「H-3」と同じであるが、ステレオからモノラルになり、出力管も4本から6本に強化されている。外観もこの上なく強力に変化し業務用を思わせるブラックフェースで超重い。

 

②自作フッターマン「 OTL-3M 」回路図

未製作なので調整結果によりCRの定数や回路を変更することもありますのでご承知ください。最終回路は調整後に掲載します。

f:id:arunas001:20210408232931j:plain

 

このふたつの回路の大きな違いは:

「OTL-3」→「OTL-3M」

・出力管「6LF6」6本→4本に

真空管「6SF5」→「12BY7A」に

・丸型メータをバランスと電流計の2個に

・定電圧部の基準電圧を、ツェナーダイオードから定電圧放電管「5651」に

・その他細部で追加変更をしている。

 

・最も大きな変更点である出力管「6LF6」6本から4本に減らしたのは、4本でも最大出力は30W/8Ωを超える見込みなので自宅用としてはこれで十分だからである。で「H-3」と同じ4本構成になった。

ツェナーダイオードを使わなかったのは、定電圧放電管「5651」の在庫があったからと、新たな購入を控えたかったからである。

 

結果としてみると「H-3」を基にモノラル化して出力管を「EL509/6KG6A」から「6LF6」に、定電圧管を「6LU8」に交換したような構成となった。

 

参考までに「H-3」の回路図を再掲します

 

f:id:arunas001:20210406100810j:plain

 

出力管の発振対策であるが「6LF6」が6本から4本に減るので発振リスクは少なくなるが、「OTL-3」では強力なフェライトビーズが使われている。しかし、この長いフェライトビーズは入手?なので、短いフェライトビーズを使い、それにいつもやっているプレートに発振止めコイルを入れる方法で発振対策することにした。

 

さて、結果どうなるでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

FUTTERMAN OTL-3 6LF6-4P mono OTL アンプの製作 OTL-3M(4)

FUTTERMAN OTL-3 6LF6-4P mono OTL アンプの製作

OTL-3M(4)

 

これまでいくつかのアンプを修理再生してきました。アンプの修理・再生は大変勉強になり、学ぶことが多くあります。

その中で、私が手掛けたフッターマンOTL、あるいは類似アンプ4例について簡単に紹介します。

➀オリジナルH-3(6KG6A/EL509)

②マグソニックOTL(40KG6A)

③OTL-3(6LF6)

④H-2(12B4A)

 

➀オリジナルH-3(6KG6A/EL509)

ヤフオクで故障品として出品されていたのをゲットした。

 

写真:前回に掲載したものと同じ写真

6KG6Aにしたもの

f:id:arunas001:20210407074930j:plain

自作したことが修理に役立つかもしれないと思ってゲットした。オリジナルH-3(6KG6A)と思われる故障品、手にするのは初めてである。

元からついていた球6KG6Aは、調子よいのが8本中3本しかなく、ヒータ電圧違いの40KG8Aで代用し、40Vヒータトランスを外付けして再生した。主な故障内容は6KG6Aの不調、6EJ7の劣化、ソケット接触不良、ケミコンパンク、などであった。後に6KG6Aを入手できたので球を交換した。

今はオーディオ友のHM氏のもとで元気にたらいている

 

②マグソニックOTL(40KGA)フッターマンH-3 簡略型

ヤフオクで見つけ、出品説明でフッターマンH-3型と分かってゲットしたもの。

f:id:arunas001:20210407225606j:plain

 

 国産のフッターマンH-3型OTLである。このアンプは出力管のスクリーン用定電圧電源が簡略化されている。PA用アンプらしくしっかり作られており、メンテナンスしやすくできている。しかし、かなり酷使された形跡があり、真空管は全部交換し、電源スイッチが壊れていたので交換した。

このアンプはヤフオクへ戻したところ、地元京都の人が落札していただいた。引取に来宅いただいたので取扱説明、試聴して満足していただいた。その後音沙汰がないのでちゃんと働いているのかどうか、いささか気になるところではある。

 

 

 

 

 

 

 

 

FUTTERMAN OTL-3 6LF6-4P mono OTL アンプの製作 OTL-3M(3)

FUTTERMAN OTL-3 6LF6-4P mono OTL アンプの製作

OTL-3M(3)

 

「H-1」→「H-2」と進んで次は「H-3」

 

フッターマンOTLアンプ「H-3」は出力管によって二種類が知られている。最初に発表されたのが6HB5を使ったもの、その後に6KG6Aを使ったものが発表された。

今日雑誌やオーディオ書籍などの文献に掲載されている「H-3」の回路図は6HB5ものが多い。

 

図:一般に掲載されている回路図(6HB5版)

出典:山川正光著「内外真空管アンプ回路集」

 

f:id:arunas001:20210406100810j:plain

   

出力管はEp<Esg動作でフッターマンOTLアンプの特長として知られている。回路はEsgが定電圧化されるなど複雑になっている。

また、この「H-3」から製品として発売されたようで、わが国にも輸入された。

 

写真:自作後にヤフオクでゲットして修理した H-3 6KG6Aバージョン(内容は次回に掲載)

f:id:arunas001:20210407064330j:plain

 

さて、「H-3」を自作するにあたっては最初に6HB5で製作して後に6KG6Aを入手できればバージョンアップするという考えで始めた。ところがこの6HB5や6KG6Aが手に入らないので6HB5の類似球6HJ5を使うことでスタートした。

 

写真:自作 H-3 6HJ5 バージョン

f:id:arunas001:20210406102006j:plain

 

そして後に「JJ-EL509S/6KG6A」が発売されたのでそれを使ってバージョンアップした。

 

写真:JJ-EL509Sバージョン 

f:id:arunas001:20210406102056j:plain

 

この「JJ-EL509S」はGT管(オクタルベース)でプレートがソケット側に引き出されているのでプレートキャップがいらない、使いやすい球と思うが雑誌等では製作記事を見受けないがどうしてだろう?

 

現在、この自作「H-3 JJ-EL509S OTL」は、OT氏の下に活躍しているが、製作・調整過程は「OTL-3」製作中に記載予定なのでそちらに譲りたい。

 

 

FUTTERMAN OTL-3 6LF6-4P mono OTL アンプの製作 OTL-3M(2)

FUTTERMAN OTL-3 6LF6-4P mono OTL アンプの製作

OTL-3M(2)

 

フッターマンOTLアンプの2作目は、「H-1」に続いてその改良型として発表された「H-2」と呼ばれるOTLアンプである

自作するにあたっては出力管が「H-1」と同じ12B4Aでは面白くないので、「H-3」に採用された最大級の水平偏向出力管40KG6Aで製作してみることにした。(6KG6Aのヒータ40V管)

結果として「H-2」と「H-3」を合わせて半分にしたような構成となった。

 

写真:真空管6本で高性能ステレオOTLが出来る

f:id:arunas001:20210405123005j:plain

 

このアンプはCHあたり40KG6A(P)2本のSEPP構成であるが、非常に高性能で最大出力は18W/8Ω、40KG6A(P)のパワーはすごいと感じられるアンプとなった。

 

真空管の構成は6AN8-40KG6A(P)×2CH、全部で6球で、前のH-1の40本と比べていただくと雲泥の違いである。

シールが貼ってあるソケットに6463を付けて40KG6Aをカソードフォロアドライブすれば20Wを超える出力が得られる。

このカソードフォロアドライブ方法は当時RG誌に掲載されていた黒田徹氏の案による。

 

注:(P)は5極管接続でEp<Esg動作を示す。この動作はフッターマンH-3の特長でもある。

 

球数が6本と少ないので外見からは簡単そうに見えるが、シャーシ裏側には電源用ケミコンがぎっしり入っている、高性能なだけに電源回路が複雑である。

 

写真追加

シャーシ内の写真が出てきましたので追加しました(20210407)

f:id:arunas001:20210407080533j:plain

 

 

このアンプもFB友であるK氏の下にお世話になっている。

 

時は過ぎて今、写真の最新作「H-2 OTL」アンプ、このアンプはヤフオクに出品されていた、おんぼろ4台をゲットした内の2台で、OTL-3製作に先行して再生したものである。

この回路はオリジナルH-2に最も近い形をしているが、少し私の工夫が入っている。

このアンプに関しては当ブログ内に掲載しているので参考にしていただきたい。

 

 写真:蘇ったおんぼろH-2OTL

f:id:arunas001:20210405152426j:plain

 

写真: 元のおんぼろH-2、左側は元の姿、右側は解体して改造検討のためトランスと真空管ソケットを外している

 

f:id:arunas001:20210302090036j:plain